​接触確認アプリCOCOAから通知が来たらどうすればいいの?

03

接触確認アプリはダウンロードしていますか?

人口の約15%である1888万件がダウンロードされたことを官房長官は10月26日に公表した。

今回はそこで、実際新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAから通知が来た場合

どうすればいいのかをお話したいと思います。

アプリの通知は1日1回程度になっています。通知が来た場合下記のような画面になります。

まずはじめにすること

【症状を入力して相談】【電話で症状を伝えて相談】相談窓口電話番号が表示され、

電話すると近くの検査病院を​案内してくれるとのことです。

新型コロナウイルスの検査種類

PCR検査と抗原検査があります。

PCR検査…鼻・喉・唾液から採取して検査する結果が出るまでに数時間。外部委託の場合数日かかる。

抗原検査…鼻・喉から採取して検査する。30分程で検査結果が出るが、PCR検査に比べ精度が低い。

また抗体検査とは、過去に感染したことがあるかを調べるものになります。

検査を自費診療でした場合、数万円などかかる場合がありますが、厚生労働省のHPでは、接触確認アプリで陽性者との接触の可能性について通知を受け取った方が、受診・相談センターにご相談の上で検査を実施することとなった場合には、ご利用者ご本人の検査に係る費用負担なしに検査を実施することができます。(医療機関を受診されて検査を受けることになった場合については、当該医療機関における初診料等が必要になる場合もあります。)ただし、個別の状況をお伺いした上で、医師や帰国者・接触者相談センター等で検査が不要と判断されることもあるとのことです。

今後の課題は?

90%近くという認知度があるにもかかわらず、ダウンロード数20%に満たないでいることが課題とされるでしょう。ダウンロードをしていない非利用者は、プライバシーに関する懸念をしているようです。

厚生労働省は、氏名・電話番号・メールアドレスなど個人情報につながる情報を入力することはないとし、行政機関や第三者が接触の記録や個人の情報を利用し、収集することはないとしています。またGPSなどの位置情報を利用することはなく、記録することもないとしています。

まとめ

接触確認アプリCOCOAをダウンロードし、万が一通知で感染の可能性がある場合には、保険適用にて素早く検査を受けられるということで、自分の身を守ることだけでなく、周りに感染させないことが出来ると感じました。

こうした一人ひとりの行動により、感染を最小限に抑えコロナ終息に向かわせる第一歩なのだと感じました。

​感染予防だけでなく、感染の可能性がある場合、素早い行動をしていきたいですね。

株式会社アイファ

東京都新宿区四谷四丁目34-2

​YSビル2階

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • Twitter ホワイトアイコン
  • YouTube ホワイトアイコン

​CONTACT US

Tel   : 03-6457-8962

Fax  : 03-6457-8968

Mail : jimu@eifer-japan.co.jp